the

日本の洋楽ジャーナリズムって…(グレッグ・レイク最後のインタビューを読んで)

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    グレッグ・レイクが亡くなった2016年12月に、オーナーがグレッグと親しかったExpress社が、こちらのインタビュー記事を公表しました。

     

    https://www.express.co.uk/entertainment/music/742018/Greg-Lake-last-interview-Sunday-Express-exclusive-musician-death-rock

     

    副作用がきつく、がんの進行を止めることが出来ない化学療法を止め、

     

    「僕はもう長くないがそのことは怖くない。

    でも大好きな人達を残して行くことになるのは、あまり考えたくないんだ。

    今この時を彼らと楽しみたいから、薬のせいで怠くて飽き飽きした気分になるのは嫌なんだ。」

     

    と語り、病と闘う反骨精神を覗かせながら、今までの人生を振り返るインタビューでした。

    病気を公表したがらなかったグレッグの意思を尊重して、Express社は彼が亡くなるまで、このインタビューを公表しませんでした。

     

     


    Live
     

     

    このインタビューを読んだ後、私は思ったものです。

     

    「思えば、中年を過ぎたベテランのミュージシャンに、人生を語らせることが出来る洋楽ジャーナリストっているんだろうか?

    現在洋楽雑誌が衰退しているのは、その辺に原因があるんじゃないか?

    聴き手側も、いつまでもロック・キッズのままじゃない。酸いも甘いも噛み分けた大人になるんだし。」

     

     


    QUEEN in JAPAN - クイーン・オフィシャル・ブック
     

     

    クイーンと言えば親日派、というのはよく知られたことです。

    しかし、最近思うのですよ。

    洋楽ジャーナリストの皆さん。クイーンに、その親日ぶりだけではなく、もう少し人生を語らせてはいただけないでしょうか、と。

    話題が豊富な筈の彼らに対して、

     

    「クイーンは日本好きだもんねー。」

    「私達、仲良しだもんねー。」

    「日本ツアーの思い出は?日本のファンについてはどう思いますかー?」

     

    というインタビューばかりのような気がするんですよね。

    もう少し、何かあってもいいんじゃないかと思うのですが。

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 今年は3匹飼うことに‥カブトムシ
      Kashka
    • 今年は3匹飼うことに‥カブトムシ
      torioden
    • どくだみはマスクニキビを治すか?
      Kashka
    • どくだみはマスクニキビを治すか?
      torioden
    • 今のパート先で正解だったようです
      Kashka
    • 今のパート先で正解だったようです
      torioden
    • 日系人「日本のTVニュースはシツコイ!!あれじゃ頭オカシクなるのが当たり前!」
      Kashka
    • 日系人「日本のTVニュースはシツコイ!!あれじゃ頭オカシクなるのが当たり前!」
      torioden
    • エンジェル初来日について
      Kashka
    • エンジェル初来日について
      しゅり

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM