the

QAL来日 今回は諦めます

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    今日クイーン+アダム・ランバード来日チケットの一般販売でしたが、さいたまアリーナ公演は秒殺だったのか、元々売り切れていたのか分かりませんが、販売開始の1分後には入手不可能でした。 
    何せ当選したチケットはキャンセル出来ないので、クリエイティブマンが転売サイトを用意しているようなので、この争奪戦熱が冷めた頃に探して覗いてみようとも思ったのですが… 

    今回の来日は、何か危険な気もしますので、ライブ参戦は諦めることにします。 

    偶然、オヤジの店のお客様の知人がキョードー東京の重役だったわけですが、何でもポール・マッカートニークラスの大物アーティストになると、ギャラは億単位、ライブによる収益は10億単位なんだそうです。 
    おそらく、クイーンも同程度の大物ですよね。 

    この QALのチケット抽選に関するゴタゴタを見る限り、クリエイティブマンは、2014年のサマソニにはクイーンを招聘出来た訳ですが、正直、10億単位の金を動かせる力はない会社のように、私には思えます。 

    70年代からロックファンをやっている、分別をつけざるを得ない年齢の人間からすると、昭和50年代に倒産した招聘会社が頭に思い浮かんでしまうんですよね。 それこそエンジェルを招聘したトヨタとか。あるいは現金書留で抽選をしていた音楽舎とか。 
    経営者が自己破産宣告したら、払い戻しも出来ませんしね。 

    今回の件で、ビジネス面担当だったジョンが、まだ若いうちにロックビジネス界から引退した理由が、分かるような気がしましたねぇ…。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      Kashka
    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      torioden
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
      kashka
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      kashka
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      kashka
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      エンテライゼ
    • ミュージックライフクラブによるジョン・ディーコンの近況
      kashka

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM