the

QALチケット入手できましたが…

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    9月に行われたリセールで、クイーン+アダム・ランバードの、来年1月のさいたまアリーナライブチケットは取れたのですが、ちょっと憂鬱です。

    私はオリジナルメンバーと、クイーン+ポール・ロジャースの来日公演は、何やかやで観られずに終わっていますし、前回のQAL来日の時は手術入院中で行くのを断念したりしています。

    クイーンの2人が高齢ということもあるし、可能な限りチケットをゲットして、ライブを観に行った方がいいことは分かるんですけどもね。

     

    プロモーターのクリエイティブマンが、来年1月のQAL来日を公表したのが4月の「クイーンの日」。チケット抽選が始まったのが5月、そしてリセールが9月…。

    これを見ると、プロモーターが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のファンにライブのチケットを買わせようとしていたことが、よく分かるなぁ、と。


    大容量 クイーンバンド Queen Band 化粧バッグ トイレタリーバッグ 携帯便利 海外/旅行/出張 家用に 小物 収納ポーチ

     

    多分、この位の日程の来日ツアーなら、映画以前からのファンだけでもイケる位の集客力が、QALにはあったと思うんですけどね。

    まあ、全公演即ソールドアウトでサイド席も出る、というところまでは行かなかったでしょうが。

    その辺、このプロモーターは把握していたのかなぁ。5年前に、サマーソニックにQALを招聘した会社なんだけどなぁ…。

     

    私は、映画によるクイーンブームは多分9月に落ち着くだろう、と予想していました。

    第1次クイーンブームは、彼らが2度目の来日を果たした'76年の3月から半年程で終わりました。その辺でファンは半減して、クイーンはあまり話題に上がらなくなりましたっけ。

    今回のブームは、映画公開の去年11月からなので、半年後は今年の4月。しかし4月17日がクイーンの日で、イベントがあるから、まだブームは終わらない。

    その後ゴールデンウィークや夏休み期間にもイベントがあるだろうし、9月のフレディの誕生日にもハードロックカフェのイベントがある。

    9月後半あたりでブームは落ち着いて、この辺で映画からのファンは減っていくのではないかなぁ、と思っていました。

     

    この予想は当たっていたようで、9月の半ばからは、SNSのクイーンコミュへの書き込みは激減し、そしてこのブログのアクセス数も面白いことに、残暑が続く中、9月最初の秋めいた日を境に突然半分になりました。

    秋風と共にクイーンフィーバーは去りぬ、といったところでしょうか。案外最初のクイーンブームも、同じようにして終わったのかもしれませんね。

     

    来年1月のライブチケットなのに、早過ぎる9月のリセールをクリエイティブマンが行なったのは、映画以降のファンの熱が冷めてくることが予想される9月に、キャンセル出来ないなんてヒドいと苦情が殺到しないようにリセールを行い、ここで売れなければチケットを買った側の自己責任ですよ、元々欲しがって買ったのはそちらなんですよ、と言えば済むと思ってでもいるような感じがします。

     

    …クイーンのライブには本当に行きたいけど、こういうプロモーター主催のイベントはどうも気が進まないですね。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      Kashka
    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      torioden
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
      kashka
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      kashka
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      kashka
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      エンテライゼ
    • ミュージックライフクラブによるジョン・ディーコンの近況
      kashka

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM