the

キース・エマーソンの楽器がオークションに

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    5月8日02:00のamassの記事に、

    「キース・エマーソンが実際にライヴで使用した楽器・機材がオークションへ」

     

    とあるのを見つけて、

     

    「やっぱりこうなったかー‼」

     

    と、ガッカリしました。

     

    先日偶然に私は、ELP star snubs ex in willという記事を見つけ、

     

    「キースの遺産は2人の息子と日本人のパートナーに遺され、先妻には遺されない。」

     

    という内容に、30年も前に離婚して、キースが生活に困る位に物も金もゴッソリ持って行った先妻に、遺産が行かないのはごく普通のことではないのかな、と思ったりしながら、キースの遺産はサセックスにある家や、楽器、美術品、車やバイクと、不動産や物品が多いようなので、遺産分割の問題もあるだろうから、売りに出されてしまうものもあるのだろうな、といささか淋しい気持ちになったばかりでした。

     

     


    The Best - Live In Yokohamma Japan by ELP, Joe Walsh, Eagles, John Entwistle, The Who, Simon Phillips, Toto Keith Emerson

     

     

    ちなみに、この記事には

     

    「本人の意志により、ゴールドディスクや賞のトロフィー、記念品等が売却されることはない。クリーヴランド ロック ミュージアムかハードロックカフェに貸すことは可能」

     

    とも書かれています。

    キースが亡くなった直後の報道に、遺書はなかったとありましたが、生前キースは遺産相続に関する遺書は、用意していたのかも知れませんね。

     

    キースの家や楽器、売られてしまうかも知れないなあ、と漠然と思っていた私でもショックだったのですから、オークションの話が寝耳に水だったファンの方々の受けた衝撃はかなり大きかったのではないでしょうか。

     

    この件に関して、キースの長男アーロン・エマーソンが自身のFacebookで説明したようです。

     

    我々相続人にとって、キースの楽器を手入れしながら保存し続けることは不可能。

    自分はミュージシャンだが音楽のスタイルが違うので、キースの楽器は使えない。

    倉庫の中で腐らせるよりは、他の現役ミュージシャンに使ってもらった方がいい、という判断で、オークションに出すことにした。

     

    そんな内容でした。

     

    キースの楽器をどうしようが、遺産相続人の自由ではあります。キースの長男も、我々はキースとの思い出の品は他に持っているから、と、そんなニュアンスのことを書いていました。

    その辺は、こちらも 大人ですから、よく分かります。

     

    ただ、子供と言っていい年令の頃から、何10年もの間キース・エマーソンが好きだったファンの立場からすれば、5月7日にいきなりFacebookのキース・エマーソン公式ページに、ジュリアンズ・オークションのニュースを公表するような形ではなく、最初にオークション出品の経緯の説明があって、

     

    「遺品の楽器を倉庫の中で劣化させてしまうよりは、現役ミュージシャンに使ってもらった方がキースも喜ぶと思う。」

     

    とでも言ってくれたのなら、こんなに喪失感を感じずに済んだのに、と思わずにいられません。

     

     


    Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2016年7月号 SUMMER (CD付) [雑誌]

     

     

    …と言うか、普通こういうことは、わざわざ公表しないと思いますよ?

    ジュリアンズ・オークションというのはメモラビリア(著名人の所持品だった物品)に特化した高額オークションで、こういう所に亡くなって2年かそこらで遺品を出品、となると、キースのイメージダウンに繋がることは、誰にでも分かりますから。

     

    何も言わずにいてくれれば、キーボードの要塞に囲まれたキース・エマーソンのイメージはファンの心の中で生き続け、後にキースの遺産のキーボードを入手したミュージシャンのニュースを目にすることがあったとしても、そういうこともあるだろう、と落ち着いて受け入れることができたでしょうに。

     

    それをいきなりFacebookの公式ページなんかで、

     

    「キースのキーボードをたーくさん売り出しますよ〜!」

     

    と大々的に発表したりするから…。

    おかげでファンの心の中の、子供の頃から温め続けてきた、キーボード要塞の中のロック・ヒーローのイメージは一瞬のうちに崩れてしまい、失望したファンから

     

    「何てことをするんだ‼

    キースのキーボードは博物館を作って展示しろ‼」

     

    というような怒りのコメントが殺到してしまうわけで…。

     

     


    MfetメンズSuperstar Emerson Lake & PalmerバンドアスレチックTシャツ

     

     

    遺産と言えば、資金不足なため未完成のままだという、キースの自伝映画を始めとした未発表の映像や音源、未発表作品といったものは、この先どうなってしまうのか…。

     

    比較してもしょうがないのは解りますが、グレッグの方は亡くなってからは、親友だったビジネスパートナーや仲の良いジャーナリストからの、良い話ばかりを目にするのに、キースはこんな具合の話ばかりなので、ファンはなかなか彼の死を乗り越えられません。

    正直、やりきれないです。

     

     

    関連記事

     

    キース・エマーソンの楽器がオークションに

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
      Kashka
    • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
      torioden

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM