the

卵穀膜で若返りは可能か?

0

     

     

     

    JUGEMテーマ:スキンケア

     

     

    まあ、スキンケアと言うより、リバウンドによる太り過ぎが一番の原因なのでしょうが…

     

    アゴ周りのたるみがまたもや酷くなってきたような気がする今日この頃…。

     

    そこで思い出したのが、卵穀膜というもの。

     

    一昨年に乳がんの手術をした退院後の自宅療養中に、卵の薄皮を集めて乾燥させたのをアルコールに漬けてエキスを作り、水で薄めてローションを作ったことがあります。

     

    使ってみたところ肌に張りが出て、これはいいかも、と思ったのですが、さすがに連日卵を食べ続けるわけにはいかず、ローション製作は1回で終了となりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    はて、プチプラで卵穀膜を使ったスキンケア商品がないかと探してみたところ、ありました!

     


    CCEリンクルモイストジェル たまご保湿ジェル

     

     


    リンクルローション たまご化粧水 500ml

     

     


    ロゼット洗顔パスタエイジクリアしっとり洗顔フォーム

     

     

     

    この3点、実際に使ってみたところ、確かに肌がしっとりして張りが出ます。

    どの位、といったら…

    そろそろ初老にさしかかっていたのが、中年の範囲内に留まるようにはなったかな、といったところでしょうか。

    再びうっすら出来始めていた、マリオネットラインもなくなりました。

     

     

     

     

    よく広告で見かけるような、50代の女性がこれを使ったら20代に間違われるようになった、なんて凄いことがないのは残念です(笑)。

    でも、そんなこと本当にあるんでしょうか?

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      Kashka
    • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
      torioden
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
      kashka
    • 森茉莉「曇った硝子」読みました
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      kashka
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • フレディ・マーキュリーの少年時代
      ケアン
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      kashka
    • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
      エンテライゼ
    • ミュージックライフクラブによるジョン・ディーコンの近況
      kashka

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM