the

韓国語をきれいに話す〜フォルテ・ディ・クアトロ

0

     

    JUGEMテーマ:日記・一般

     


    フォルテ・ディ・クアトロ(初回限定盤)(DVD付)

     

     

    今朝のNHK「あさイチ」で紹介されていた韓国のヴォーカルユニットで、メンバーはクラシックの声楽出身のようですね。

     

    グッチ雄三が、

     

    「コーラスは性格が出る。このグループは皆真面目だ。」

     

    というようなことを言っていましたが、確かにそんな印象でした。

     

    フォルテ・ディ・クアトロの面々、インタビューには韓国語で応えていたのですが、皆丁寧で品のある話し方をするんですね。

     

    私も含め、外国人と接する職場で働いたことのある人達は、大抵韓国人と韓国語が嫌いになります。

    話し方がぶっきらぼうで攻撃的で、マナーが悪い人が少なくない上に、反日感情から色々あったりしますから。

    同じ職場に、優しく行儀の良い韓国人の職員がいたので、極端な嫌韓に走ることはありませんでしたが、正直、今も韓国語は下品で押し付けがましい、という印象は消えていません。

     

    そういうわけで私は、韓国語を上品に話す韓国人を見ると、とても良い印象を持ってしまうんですね。

    あの押し付けがましい言葉を、これだけ綺麗に話すなんて!と…

     

     


    冬のソナタ プレミアムBOX カットシーン完全収録 【ミニョン眼鏡付き】 (初回限定生産) [DVD]

     

     

    かなり前になりますが、そういう理由でペ・ヨンジュンが好きだったことがありました。

    ハマる、という程ではなかったですが、あの韓国語をこんなに品良く話せるなんて!と感動して…。

     

    今日本では英語熱が本格化してきて、小学校から英語の授業が入るとか、一部の学科は総て英語で授業をするとか言われてますが、それよりまず、きれいな日本語を使うことから始めた方がいいように思うのですが。

    今は日本語が出来る外国人も沢山います。

    そしてそういう外国人の方が、日本人よりきれいな日本語を話していることが多いように思います。

     

     

     

     

    英語の発音をきれいにしなければ国際社会についていけないような印象を持った人が多いようですが、外国人に英語で対応する仕事のある職場で働いた印象では、国際的に活躍している外国人達は、日本訛りの英語には慣れているから問題ないようですよ?

    発音のきれいさより内容のあることを話せるかどうかで、印象が決まるようです。

    それにはまず、母国語の語彙を豊富にすることが、第一歩だと思うのですが。

     

     

     


    同年代の女性として見た森茉莉

    0

       

      JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本

       

       


      贅沢貧乏 (1982年) (森茉莉・ロマンとエッセー〈エッセー2〉)

       

       

      森茉莉は、私が10代から20代前半にかけて、かなり影響を受けた作家です。

      あの独特の美意識に、若い頃には何とかして真似したいと憧れていましたが、自分の部屋に置くとヴェルモットの壜はベルモットの空瓶でしかなく、アネモォヌを活けてみても、庭先で摘んだアネモネでしかなく、古い時代の西欧の家に誘われることはまずなかったですねぇ。

      …まあ、当然と言えば当然ですが。

       

      後に、家事は料理以外は出来ず、掃除や服の手入れが苦手だった森茉莉は、所謂汚部屋に住んでいたとか、服装も毛玉だらけの薄汚れたような色のセーターを平気で着ていたとか、他にも相当な変人だったという証言を目にすることとなったり、リアルタイムで「ドッキリチャンネル」を週刊誌で読んで、私が若かったせいもあるのでしょうが、ついていけなさを感じたりするうちに、贅沢貧乏に憧れることはなくなっていきましたっけ。

       

      今私は、文壇デビューした頃の森茉莉と同じくらいの年齢になったわけですが、同年代の女性が汚部屋暮らしで自分のことばかり滔々と語り、変人扱いされているのをどう思うかと訊かれたら、多分孤独感から鬱気味になっているのではないかと答えると思います。

      毎日喫茶店に通い、紅茶一杯で一日中ねばり、原稿を書いていたというのも、おそらく人恋しかったからではないかと…。

      どうも、森茉莉の変人ぶりについて書かれたものを読むと、自身の作品に書かれたような孤高の人ではなかったような気がしてなりません。

       

      森茉莉の、赤貧と言っていい晩年の暮らしぶりは、離婚後も働かずに父(森鴎外。鴎の字の、へんの中が『品』の字になるのですが、検索しても出てきません)の遺産を使い果たした為、ということになるのでしょうが、単なる浪費が原因とも言えなさそうなことが、笙野頼子著「幽界森娘異聞」に書かれていたと思います。

       


      幽界森娘異聞 (講談社文芸文庫)

       

      簡単に言えば、最初の離婚で婚家に残してきた長男の山田爵(本当はかんむりが木になる旧字なのですが、検索しても出て来ないので)に、森鴎外の遺産の土地と、どうやら結構な額の貯金も取られたらしいのですね。

      実は私は、このことについて森茉莉が書いた小説「曇った硝子」は読んでいないのですが、こちらのサイトに、森茉莉が編集者の小島千加子への手紙で、爵に土地を取られたことに触れた部分が紹介されています。

       

      https://vmugiv.exblog.jp/20233195/

       

      このサイトで紹介された、森鴎外とその子供に関する記述を見ると、森家といい、森茉莉の婚家の山田家といい、結構な機能不全家庭だな、と、読んでいて気が重くなりますが…。

       

       

      関連記事

      同年代の女性として見た森茉莉

       

      森茉莉「曇った硝子」読みました

       

       


      奨学金で自己破産…?

      0

         

        JUGEMテーマ:日記・一般

         


        奨学金 借りるとき返すときに読む本

         

         

        最近、新聞やTVで、奨学金が返せず自己破産した人のニュースを目にします。

         

        こういうニュースに対して、「お気の毒に」という感想を持つのが一般的なのでしょう。

        しかし、どうも私には、借りる前に返せないことが解らないのが問題、としか思えないようなケースばかりのように見えるのですが…。

         

        そういう人の借りた奨学金の金額は、600万とか800万と高額で、普通の勤め人が返せなくて当然な金額としか思えません。

        そして連帯保証人の親には経済力がありません。だから奨学金を借りるわけですが。

         

        バブル以前位の昔には、ここまでお金が足りない場合は、進学を諦めるのが大半でした。

        あるいは二部や通信制で働きながら勉強したり、就職なりアルバイトなりして、貯金が出来てから進学したり…。

        そういえば、以前の私のパート先に、親に大学生を2人抱えられる経済力がないけれど、弟を進学させてあげたいから、と卒業まであと1年というところで休学して、自分の学費を稼いでいた男の子がいましたが。

         

        親子揃って自己破産して、保証人の親類に迷惑をかける危険を犯してまで大学一部に行きたい、行かせたい、という気持ちは、自分は高校中退で、公立校の問題を嫌という程知ることとなった、子供のいない私には、正直さっぱり分かりません。

         

         


        羽生結弦も手書きノートをつけていた!

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

           

          今ニュースは、金銀獲得の羽生結弦と宇野昌磨一色であります。

           

          「オリンピックだからな〜」

           

          と、オヤジは市場に行くのを控えています。

          ホント に飲み屋泣かせであります。

           

           


          羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界 (集英社新書)

           

           

          オリンピックでの羽生結弦の演技についてはもう語りつくされていますから、あえて書こうとは思いませんが、ワイドショーや新聞の報道で印象的だったことが…

           

          羽生結弦も、小学校の頃から手書きのスケートノートをつけていたのですね!

           

          こちらの記事

           

          http://nomansland.net/?eid=3

           

          で、願望達成の為には手書きで自分の望みを書くことが重要であるようだ、と書いたばかりなのですが。

           

          私も、実際にやりたいことリストを書いてから、色々なアイデアが、不思議なくらいに湧いてきています。

           

          今はこの気候ですし、乳がん手術後の自分の体との折り合いが上手くつかない状況なので、暖かくなったら調べ物の為に動き出そうと思っています。

           

          もし私がまだ40才だったら、無理をすることも修行の一環、とか言って、寒さにも負けず多少の体調不良にも負けずに動き回っていたろうなぁ、なんて思ったりするところが悲しかったりしますが(笑)。

           

          ところで、羽生結弦をお茶の間で見ていて思うのが、ミスを誘発するような選曲をするところがあるんじゃないかなぁ、ということで。

          例えばプリンスの「レッツゴー クレイジー」とか…。

           

           


          イエスソングス 40周年記念HDニューマスター版 [DVD]

           

          それで、フィギュアスケートに合うロックってあるだろうか、と考えてみて、イエスのAnd you and Iを短く編集したら、案外いけるんじゃないかと個人的には思ってますが。

           

           


          展覧会の絵 完全版 [DVD]

           

           

          あと、ELP「展覧会の絵」の「キエフの大門」とか。

           


          羽生結弦は「飲み屋殺し」?

          0

             

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

             

             


            INFINITYパワストーンひし形ネックレス

             

             

            さて、今日は平昌オリンピックのフィギュア「男子ショートプログラム」があるようです。羽生結弦が久々に登場するようですが…

             

            「羽生が出るのか!それじゃあきっと店はヒマだぞ!」

             

            と、小料理屋をやっているオヤジ(うちの旦那)は昨夜から複雑な顔をしています。

             

            別に羽生が嫌いというわけではなくソチオリンピックの頃には、

             

            「口の利き方がしっかりしていて気持ちがいい。」

             

            と褒めていたし、今も

             

            「日本の男子フィギュアスケートの選手の中では、演技が一番きれい。」

             

            と褒めているのですが…


            【羽生結弦選手 愛用商品】ファイテン(phiten) ネックレス RAKUWA ネックX100 ミラーボール アースカラー 40cm

             

            そう、オヤジの店、羽生結弦が出場する日はヒマになることがよくあるんです。常連さん達が、揃ってファンなんですね。

            TVを見にいそいそと帰ってしまうようです。

            我々も羽生は好きですから、好みが合うのでしょうか。

             

            最近は、オヤジと私は羽生結弦を「飲み屋殺し」と呼んでおります。

             

             


            「自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング」に「FLOWER FAIRIES DIARY 2018」を使うことに

            0

               

              JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本

               

              タイトルに惹かれて、「話を聞かない男、地図が読めない女」、「嘘つき男と泣き虫女」の著者アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズの「自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング」を読みました。

               


              自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

               

               

              表紙をめくり、「はじめに」の最初の文章は、

               

              「人生は、きれいに手入れの行きとどいた体で安全に墓までたどりつくための旅であってはならない。

              もうもうと立ちこめる煙のなか、船の甲板を転がって舷側に叩きつけられ、全身が傷だらけになってすっかり疲れ果て、「まったくなんてひどい乗り心地だ!」と、大声で泣きわめいてこそ人生だ。」

               

              ハンター・S・トンプソン

               

              というもの。

               

              成る程、「自動的に夢がかなっていく」とタイトルにはあるけれど、要領良く立ち回って思い通りに生きることを賛美したり、人の脳は本来総ての願望を実現出来るように出来ている、だから正しい形で願いさえすれば望みは簡単に叶うと言うような、バブルの頃によくあった自己開発系の本とは違うようだ、というのが最初の感想でした。

               

              この本の中で一番興味深かったのは、第2章「自分の望みをはっきりさせる」に書かれた、こんなことでした。

               

              「1970年代に富裕層を対象に行われた調査の結果、百万ドルクラスの資産家と億万ドルクラスの資産家の大きな違いは、億万ドルクラスの資産家は『自分の考えや目標、目的をしっかり紙に書いたリスト』を持っていたが、百万ドルクラスの資産家は、『紙に書いたリスト』を持っている人はずっと少なかった、というものだった。

              どちらのクラスにも共通していたのは、『自分の望みは何か』をはっきりと知っていたことだった。

               

              目標の設定について、アメリカで行われた別の調査では、次のように報告されている。

               

              ・目標や計画をきっちりと紙に書いているアメリカ人、3パーセント

              ・人生の目標についてしっかりした考えを持っているアメリカ人、10パーセント

              ・お金に関する目標しかないアメリカ人、60パーセント

              ・目標がなく、将来のこともほとんど考えていないアメリカ人、27パーセント

               

              この調査に参加した人たちについては次のように書かれている。

               

              ・かなりの成功を収めている人、3パーセント

              ・まあまあ順調な人生を送っている人、10パーセント

              ・いわゆる「つましい生活」を送っている人、60パーセント

              ・公的支援や施しを受けてなんとか生活している人、27パーセント

               

              この調査結果が何を意味しているかは明らかである。さあ、目標を紙に書いてリストをつくろう。リストは手で書こう。」

               

              手書きでやりたいことを書くと夢が叶う、というのは、解る気がします。

              私の場合この10年位の間に、20代の頃に日記に書き綴っていた夢がいくつも叶っています。80年代には荒唐無稽な夢であったことが、今のネット社会では実現可能になったからですが。

              自分でも驚いたのが、20代の頃に「こんな人が友達だったらどんなに良かったか!」と日記に綴ったことのある、とある著名人と、SNSで本当に友達になったことですね。その著名人が「友達になってもいい」と思えるような文章を、私が知らず知らずのうちに書けるようになっていたからでした。

              自分では全く意識していませんでしたが、ネット社会が来れば夢を実現出来るだけのことを、いつの間にやら私は成し遂げていたんですね。

               

              さて、それでは夢の実現の為に手帳を買おう、と書店に行き、私が選んだのはこんなものでした。

               

               


              FLOWER FAIRIES DIARY 2018 

               

               

              …正直、自分でも何で!?と思いました。

              自己実現の為の手帳というのも沢山ありましたし、そういう手帳を買うつもりでいましたから。妖精画は子供の頃から好きだけど、それにしたって…、と何度も思いましたが、この手帳から手を離せなくなり、結局買ってしまいました。

               

              そして、「やりたいことリスト」をどのページにも妖精画のあるこの手帳に書いているのですが…

               

              この手帳を選んで正解でした。

              子供の頃からずっと好きだった妖精画満載のこの手帳だと、本当に好きでやり遂げたいことや、やってみたいことが、簡単に思い浮かんでくるんですね。やった方が良さそうなことや、嫌でもやらなくてはならないことではなく。

               

              また子供の頃の妖精画への憧れが蘇ってきて、私の長いこと解決出来ない悩みは、子供の頃の本当の夢や望みを蔑ろにされたことが原因だったと、はっきり認識出来ました。

               

              「こうせざるを得ない」という気持ちで何十年も生きてきましたが、それでも夢や願望は私の中で生き続けていました。

              そして私が自由に動ける時間は、あと20年位でしょうか。医学の進歩で、100才以上まで元気でいられるのでしょうか。

               

               


              最初に始めたのはヨガでした

              0

                 

                JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

                 

                私は2年前に初期乳がんで、全摘手術とシリコンインプラントの乳房再建手術を受けています。

                退院後は3ヶ月ごとの検査とホルモン剤投与のみで、抗がん剤や放射線治療は受けていません。
                心配ではありますが、再発転移の可能性は低い方ですし、ストレスが一番良くないということなので、あまり考えないようにしています。

                 

                 

                 

                 

                そうは言っても50過ぎて年に2回手術を受け、右乳房を全摘して、検査の為に腋の下のリンパを1つ取っているので、手術前と比べて体力が激減し、利き腕もまだ思うように動かず、週4日出勤するのがやっとで、手術前と同じように働くのは当分出来そうにありません。
                一番困るのは、ピンクリボンが「治るのに」と、初期乳がんをすぐ治る病気のように宣伝した為か、職場に初期乳がんなら1~2ヶ月も休養すれば、すぐ完璧に治ってバリバリ働けると思っている人が少なからずいることだったりします。臓器を1つ取っているのに、それは無理だよ、と唖然としたことが何度あったことか。

                 

                一度がんになったら、あとは死ぬまでずっとがん体質になるので、言っている方に悪気はないことは分かりますが、顔を見れば

                 

                「治った?完璧?」

                 

                と言われ続けるのは、正直気分の良いものではありません。

                 

                 

                 

                 

                がんに罹ると大抵の人は体に良いことを始めると思いますが、私が始めたのはヨガでした。
                私は元々体が硬い方なのですが、乳房再建手術の後にますます硬くなってしまったんですね。体は動かし難くなるわ体重は増えるわで、このままではどんどん動けなくなるのではないかと怖くなったのですが、自分で何とか出来そうにないので、団地の掲示板で目にした体が硬くてもOK、というヨガサークルに入りました。そろそろ1年3ヶ月になります。

                 

                続けるうちに分かったのですが、元々の体の硬さに加えて、長年の立ち仕事のためか、膝の内側の筋が硬くなっていて前屈が殆ど出来なくなっていました。
                また、胸の手術を半年のうちに2度受けた為か、上半身の筋力がとても落ちています。上半身の体重を上半身の筋肉で支えきれない為、足腰に負担がかかっている感じでした。
                今ではヨガサークルに加えて、自宅で膝のストレッチをしたり、胸筋を伸ばしたり腹筋を鍛えたり出来るようなヨガのポーズをしたりする余裕ができ、少しですが体重と体脂肪率も減ってきています。

                 

                 

                 

                 

                最近は自宅でビデオ通話を通じてオンライン指導のヨガレッスンを受講できるサービスもあるようですね。

                 

                 

                 


                初めまして

                0

                   

                   

                   

                  管理人kashkaです。

                  このブログ以前にはこちらを運営していました。

                   

                  「田舎暮らしアラ還パート主婦のロックな生活」

                   

                  http://site.moshimo.com/keeponrocking/
                   

                   

                   

                  正直、サイト選びを失敗しました。
                  どちらかと言えばホームページ向けのサイトで、記事を増やすには向いていないようです。

                   

                  文章を書くのは好きですが、ブログは昔ガラケーで無料サイトを少しやった程度で、今は試行錯誤の最中です。

                   

                  50過ぎに一回り年上の相手と結婚して、「陸の孤島」と呼ばれる所にある、良く言えば別荘地のような団地に住み、「数少ない貴重な日本人」と呼ばれるような、外国人だらけの工場でパート勤めをしています。

                   

                  rocking on というより rolling on みたいな日々を、ローティーン(年がわかる言い方ですね(笑)の頃から好きだったロックと少女マンガを心の支えにえしながら送ってきました。

                   

                  50過ぎて、社会というものが分かってくると、若い頃とは違った考え方や見方が出来るようになり、そんな中で思うことを書いて行きたいと思います。

                   

                  どうぞ宜しくお願い致します。

                   

                   



                  calendar

                  S M T W T F S
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
                    Kashka
                  • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
                    torioden
                  • 森茉莉「曇った硝子」読みました
                    kashka
                  • 森茉莉「曇った硝子」読みました
                  • フレディ・マーキュリーの少年時代
                    kashka
                  • フレディ・マーキュリーの少年時代
                    ケアン
                  • フレディ・マーキュリーの少年時代
                    ケアン
                  • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
                    kashka
                  • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
                    エンテライゼ
                  • ミュージックライフクラブによるジョン・ディーコンの近況
                    kashka

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM