the

フレディ・マーキュリーの少年時代 ~ そういえば おかしな噂がありました

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    書いそびれていた「フレディ・マーキュリー孤独な道化」が再発されたと知り、すぐに取り寄せました。

     

     


    フレディ・マーキュリー~孤独な道化~

     

     

    映画「ボヘミアン・ラプソディ」を2度観て、ネット情報を追ううちに、何故か私はフレディのインド時代に興味を惹かれるようになったんですね。どうやらこの本には、ザンジバルやインド時代のフレディについての証言も載っているらしい、と知って、飛びついたわけです。

     

    昔、リアルタイムでクイーンを夢中で聴いていた頃には全然思いつかなかったのですが、最近、年齢と共に次第に物事を俯瞰して見られるようになってきたせいか、フレディのインド時代というのは過酷なものだったのではないかな、と思うようになってきたので。

     

    大分前に、それこそ上京して(笑)、確か新宿の映画館で観たフレディの伝記映画は、確かこれだったと思います。

     

    「フレディ・マーキュリー歌と人生を愛した男」

    https://movie.walkerplus.com/mv35486/

     

     


    ラヴァー・オブ・ライフ、シンガー・オブ・ソングス [DVD]

     

     

    その映画では、フレディがセント・ピーターズ英国国教会学校入学の為にインドに向かったのは4才の時で(どうもヨーロッパでは学校に入学、卒業する年齢が皆んな一緒という訳ではないようですし、小学校は4才から入学出来るようです)、しかも1人で船と汽車を乗り継ぎ2ヶ月の長旅の末に寄宿舎にたどり着いた、ということになっていました。

    それを見ながら私は、今の旅客機同様、当時の客船や汽車(多分まだ電車ではなかったと思います)にも、同伴者のいない子供をケアするサービスがあったのだろうと思っていましたが。

     

    一方「フレディ・マーキュリー孤独な道化」の方では、フレディがインドに渡ったのは8才の時で父親に付き添われていた、とあります。入学というより、編入だったようですね。

    それ以前はザンジバルの小学校に通っていたと。

    筆者がフレディの家族や親戚に取材した上で書いているので、多分、こちらの方が正しいと思われます。

     

     

     

     

    続きを読む >>


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
      kashka
    • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
      まる子
    • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
      kashka
    • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
      まる子
    • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
      Kashka
    • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
      torioden

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM