the

はちみつと全粒粉でドカ食い卒業なるか?

0

     

    JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

     


    はちみつ日和 花とミツバチと太陽がくれた薬

     

     

    乳がんになった後も、ストレス解消の甘いもののドカ食いがやめられずに悩んでいたところ、前田京子の本に出会い、甘いものが欲しくなったらはちみつを取るようにしていました。

     

    また、本当にお腹が空いている時には、全粒粉のパンや小麦胚芽入りのクラッカーを食べるようにしていました。腹持ちがいいように感じたからです

     

    そうしていたら、最近ちょっと面白いことに気付きました。

     

     


    森永製菓 小麦胚芽のクラッカー 56枚(7枚×8パック)×4箱

     

     

    何と言いましょうか、空腹感を苦痛に感じなくなってきたのですね。 

    以前は空腹感を感じたら、満腹するまで食べずにはいられないところがあったのですが、最近では多少空腹感が残っても平気になりました。

    これが、腹八分目に引っかけた、腹五分とか六分とか言われる感じかな〜、とか思ったりしますが。

     

    以前の、空腹になった時の飢餓感、精製した小麦粉と砂糖をふんだんに使い、チョコレートコーティングしたお菓子を食べた時の多幸感を思うと、あれは一種の中毒症状だったのではないかと、いささか怖い感じがします。

     

    そう言えば、果物は甘いから要注意、とはよく言われますが、私は果物も満腹するまでドカ食いすることはないですね。

     

    この調子で、甘いもののドカ食いを卒業したいです。

     

     

     


    そりゃないよ ジェローデル…池田理代子「ベルサイユのばら」14巻

    0

       

      JUGEMテーマ:ベルサイユのばら

       

      「ベルサイユのばら ロザリー編」と萩尾望都の「ポーの一族」がコラボして、ジェローデルがイギリスのポーの村に迷い込む様子が描かれている、という話はネットニュースで目にしていました。

       

      私は個人的には、ジェローデルがポーの一族になったとしても、おかしくはないと思っています。

      だから、このエピソードには抵抗はなかったですね。

      ただ、ちょっと時系列がおかしくないかな〜と思えるところのあるのが引っかかってしまって…。

       

      もしかしたら、池田理代子は「ポーの一族」の新作「春の夢」を読んでいないのかも知れない、という気がするのですが。

       

       


      ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

       

       

      もしオスカルが生きていたら12月には49才になる、という年に、オスカルとは一才違いのはずのジェローデルが、どう見ても30才そこそこの風貌で現れ、逃避行中のロザリーと息子のフランソワを匿い、スウェーデンのフェルゼン伯爵邸まで無事に送り届ける。

       

      ロザリーとフランソワは、スウェーデンで暮らすことになり、その6年後にフェルゼンは民衆に虐殺される。

      「みんな…みんないってしまう…いずれ私たちも…ね…」

      とフェルゼンの妹ソフィアは静かに涙を流す。

       

      でも、ジェローデルは不老不死なのではないか、と、ロザリーは口ごもるが、それに気づいたソフィアは、ジェローデルはマリー・アントワネットが処刑された1793年にイギリスに亡命し、霧に包まれた谷間の、バラの咲き乱れるポーの村に迷い込み、わたしたちとは違う時間を永遠に生きる者になってしまったのだと語った。

       

      ジェローデルのエピソードは、こんな感じです。

       

      ソフィアがジェローデルについて語るコマには、ポーの村が描かれ、そこにはエドガーとメリーベルがいて、エドガーがジェローデルを誘い込むような絵が描かれています。

       

      しかし、どうもエドガーとメリーベルがポーの村にいたのは、「春の夢」によれば、19世紀後半の20年程の間だけだったらしい。18世紀末には、ポーツネル一家はイギリスを転々としながら暮らしていた様子です。

      ポーの村の住人達は、バラの手入れをする以外は殆ど寝て暮らし、年に一度人間を食うことを唯一の楽しみにしている、生きているのか死んでいるのか分からない一族らしく、エドガーとメリーベル、ポーツネル男爵夫妻、老ハンナは人間社会を好む少数派の模様。

       

      ジェローデルが1793年にポーの村に迷い込んでも、エドガーとメリーベルには会えないと思うのですが…。

       

      また1756年生まれのジェローデルは、ポーの一族になった時点で、少なくとも36才になります。それなのに、どう見ても30そこそこ、というのは、ジェローデルがいつまでも若く見えるタイプだったからなのでしょうか?

       

      その辺の説明をもう少しして欲しかったように思えます。

       

       

      関連記事

       

      エドガー 18世紀にポーの村にいたのかも知れない

       

       

       

       

       


      オスカルは過ぎ去りし日の想い出に…池田理代子「ベルサイユのばら」14巻

      0

         

        JUGEMテーマ:ベルサイユのばら

         

        23日に発売された、池田理代子の「ベルサイユのばら」14巻を読みました。

         

        11巻から始まるエピソード編は、オスカルのファンである私にとって少々辛いシリーズです。ここに登場するオスカルは、何というか血の通ってない人形のようで、全然魅力的に見えないので。

         

        私はこの「ロザリー編」のエピソードを読んだ後、池田理代子は年齢と共にオスカルというキャラクターを、自分の分身として動かせなくなって、感情移入出来なくなったのかも知れない、と思うようになりました。

         

         


        ベルサイユのばら 14 (マーガレットコミックス)

         

         

        夫のベルナールがナポレオン暗殺に失敗して射殺され、その家族にも懸賞金がつけられた逮捕令が出されて、ロザリーが息子との逃避行の中で絶体絶命の危機に追い詰められた時の心の叫び

         

        「みんな…みんな ひどい……!!

        先に逝っておしまいになったオスカルさまも…

        アンドレもアランも……

        わたしがいつでもどんな時でも

        春風のように微笑んでいなくてはならないというの…!?

        春風のようにいつも微笑んで強くいられると思っているの……!?

        わたしはそんなに強い人間なんかじゃない…!!

        もういやよ!!

        オスカルさまもアンドレもアランも…

        ベルナールもいないこの世界で生きてゆくのなんか いや!!

         

        ここで捕えられてパリへでもどこへでも連れ戻されてしまえばいい!!

        もうどうなってもかまわない!!」

         

        1810年6月20日、民衆に惨殺されたフェルゼンの、礼服と勲章を引きちぎられむしり取られ、髪は乱れ全身血に染まって意識が遠のく中でのつぶやき

         

        「あ…あ…

        これは何だ……

        光だ……

        わたしを迎えに来てくれているのか……

         

        あの方か………⁉

        わたしは六月二十日というこの日にあの方のもとに行くことができるのか…………⁉

        オスカル………!

         

        あ…あ……‼

        わたしはこのような姿で君たちに会いにゆくのか……

         

        このような姿で……!!」

         

         

        こんなセリフを読むと、

        現在70才の池田理代子は、オスカルのような高い理想を掲げて生き急ぎ、儚く散っていく、夭逝するタイプのキャラクターには感情移入出来なくなっているのではないか…

        そんな気がしてきたんですね。

         

        半世紀以上生きていれば、間違いを犯したり恥をさらしたり、抗いようのない事が起きたり、それで夢も希望も失くしたり、ただ生きる為に生き続けるような日々を年単位で過ごしたりと、色々なことに遭遇するのは、誰も同じだと思います。

        そうこうするうちに、作家が若い頃に生み出した、気高く咲いて若くして美しく散っていくキャラクターへの思い入れが、徐々に薄れてくることがあっても不思議ではないように思えるのですが。

         

         


        ベルサイユのばら 12 (マーガレットコミックス)

         

         

        我々読者は憧れの対象だったオスカルの、輝かんばかりのイメージを心に抱き続けていればいいわけですが、作者は新たな作品を生み出し、その中でオスカルを動かさなければならない。

         

        案外、池田理代子がエピソード5にジェローデルを登場させて、オスカルがなぜ王室に逆らい平民たちの側に寝返ったのか、その理由を理解する為にと安全なスウェーデンから死地と化したパリへと赴かせ、そのまま姿を消させたのは、もはや作者は若き日に生み出したヒロイン、オスカルを理解出来なくなっていることの表れなのかも知れません。

         

         


        ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)

         

         

        オスカルはエピソード3の最後でマリー・アントワネットの娘に遭遇して号泣するフェルゼンの回想に

         

        「私の人生の…

        最も美しかった日々は

        すでに過ぎ去り

         

        そして

        二度と蘇ることはないのだ…」

         

        という独白と共に登場します。

         

        彼女は作者にとって、そのような存在となったのかも知れません。

         

         

         

         

         


        あるロックスターの話

        0

           

          JUGEMテーマ:ROCK

           

          もう亡くなったミュージシャンですが、近年私と同年代(昭和30年代生まれ)の日本女性と事実婚をしていたブリティッシュ ロックのスーパースターがいました。
          二人はアメリカ在住で、年は20才近く離れてました。
           

          40代始めに離婚をして、長いこと一人暮らしで淋しい思いをしていたうえに、50代で治癒が難しい職業病を患い、心細い想いをしていたそのスーパースターにとっては、60代で出会った、妻と娘を兼ねたような華奢で美しい彼女は、地上の天使そのものだったといいます。彼女の存在は、彼の晩年を輝かせた、と。

           

          このスーパースターは、日本公演の直前に急な亡くなり方をしました。

          ここで初めて私は彼女の名前を知ることとなり、彼女のFacebookを見て、唖然としました。

           

          彼女は、ロックスターの秘書を兼ねた妻という肩書きを使って、彼の人脈と名前を利用して、臆面もなくネットアイドルをやっていました。
          50過ぎの、自称する経歴を信用すれば、家も育ちも良い分別盛りの才女のやることとは、とても思えません。

           

          どういうやり方をしているかと言えば、所謂「ハロー効果」を利用しているようでした。スーパースターの夫の人脈の、ビッグネームのミュージシャン達とのツーショットをFacebookに載せまくっているんですね。それもかなり接近して。

          何人ものロック界のビッグネーム達と寄り添い、若くなければ着こなせないような胸の開いたミニドレスを着て写真に収まる、にっこりと笑った彼女を見て、ロック界の特別な存在のように錯覚して、熱烈なファンになってしまうFacebookユーザーが、結構な数いるようでした。

           

          ちょっと考えればわかることですが、ロック界の特別な存在であるのは彼女の夫と同業者の友人達であって、彼女はその妻に過ぎません。ハロー効果もさることながら、彼女は人を惹きつけ、動かすことに長けているようでした。

           

          彼女の夫のスーパースターが亡くなって僅か2ヶ月半後に、彼女は彼のトリビュートコンサートを主催しました。そうそうたる顔ぶれのミュージシャン達を、短期間で動かした彼女の手腕は大したものと言えるでしょう。しかしながら、コンサートは準備期間が短いので、それなりの内容にならざるを得ません。

          これは彼のアメリカの仲間達によるささやかなトリビュートです、と言っていれば何の問題もなかったのですが、彼女は批判の声が少なくないのに腹を立てたようで、Facebookに大風呂敷を広げるような書き込みをしていました。
          半分はまともな内容でしたが、もう半分は、不遜であったり、出来もしない事を書いてみたり、後でそういう文章を削除してみたり…。

           

          彼を偲んでというのとは少し違うのではないか、という印象を、私は持たざるを得なくなりました。
          このトリビュートコンサートは、彼が死んで、予定していた来日公演のギャラが入って来なくなった為、その埋め合わせの為に彼女が不自然に早く企画したもののように思えてならなかったです。

           


          まんがでわかる 隣のサイコパス

           

          私は、彼女はサイコパスではないかと思うようになりました。

          サイコパスがプライベートで、実際には罹っていない不治の病を自称するのは、サイコパス被害にあった方々のネットの書き込みを見ると、よくあることのようです。

           

          彼女は自分はがんサバイバーだとFacebookに何度も書いていますが、がんになった回数が2回になったり3回になったりしています。
          また、酒豪を自称して酒をガブ飲みする写真や映像を、平気で公開しています。
          彼女はよく乳がんに関する記事をFacebookに上げていますが、乳がんサバイバーで乳房再建手術を受けていて、どういう治療を受ければ胸やデコルテがどうなるか、ある程度知っている私から見ると、乳がんと彼女が着ている胸の開いたドレスは不釣り合いなものに見えます。

           

          去年彼女は、夫のスーパースターが亡くなって3ヶ月後に近所の通りでナンパしたかのように、Facebookにツーショット写真を載せていた、少し年下のミュージシャンの来日公演に同行したようです。

          これは、このジャンルのロックファンにあまりいい印象を与えませんでしたが、最近彼女は急に、Facebookの職歴に、パートナーのスーパースターの個人秘書だけではなく、通訳兼翻訳家として起業もしていたと付け足したという話です。

           

          少し前に気付いたのですが、彼女は濃い化粧だけではなく、顔のフェイスリフトもしています。ひょっとしたら、年令を考えれば奇跡のように思える、彼女の華奢で美しいプロポーションも整形手術の賜物かも知れない、と思うとゾッとしたものでした。

          もし彼女の夫だったスーパースターが今も生きていたら、20才も年下のパートナーのアンチエイジングの為に、70過ぎても引退出来ずに働かざるを得なくなっていたのではないか、と。もし彼らが、このスーパースターの仕事の収入だけで生活していたのなら。

          女性のアンチエイジングには、結構な金額がかかりますからねえ…

           


          今日はELP「トリロジー」のTシャツで出勤します!

          0

            JUGEMテーマ:ROCK

            さて、日本のサイトで買えるELPのTシャツというと、大抵「タルカス」ですよね。

             

            うーん、「タルカス」のアルバムジャケットなら私は好きですよ。

            でも、仕事で落ち込んでいる時に、タルカスTシャツを着るなり元気が湧き出てきて、

            「どこどこ どぐるどぐる🎶」

            とか5/4拍子で歌いながら出勤とか、あんまり想像つかないんじゃないかと…。

             

            どこかで「トリロジー」のTシャツがないかな〜、と探したところ、 こちらのサイト にありました。

             

            Tシャツは25$ですが、送料に10$かかります。

            …このTシャツを着ると、胸からお腹にかけて、キース、グレッグ、カール3人の顔がバーンと乗っかるような形となります。 3人の顔を変に歪ませるわけにはいかないと、胸を張ってお腹を引っ込め颯爽と歩くようになりますねえ。

             

            …案外、好きなミュージシャンのTシャツを着ると元気が出るのは、姿勢良く颯爽と歩くようになるからだったりして…。

             

             


            TRILOGY トリロジー [12" Analog LP Record]

             

             

            ちなみに、同じサイトに「トリロジー」のLPの内ジャケのTシャツがありますが、色々なサイトのレビューで、本体のTシャツが粗悪品だったという書き込みがあったので、買いませんでした。 本当は、欲しかったんですが…。 美青年時代のELPのTシャツですからねぇ。

             

             

             

             


            クイーンのTシャツを着て出勤しました…

            0

              JUGEMテーマ:ROCK

               

              まだ夜の帰り道は寒いのに木綿の半袖Tシャツで、あれこれ重ね着をしてパートに行きました。

              これと同じ、クイーンのTシャツです。 この上に制服を着て、残業までして働いてきました。

              最近職場のことで悩んでまして、昨日は何か元気づけてくれるものなしでは出勤出来ませんでした。

               

              クイーンは中学生の時からアラ還の今まで聞いている、大好きなバンドですし、制服がある分私服は自由な職場なので、こういう真似をしております。

               

              クイーンのTシャツなら、もっと地味で職場でもokなものがあるでしょう、と仰る方もあるかと思います。

              でも、このTシャツの彼らクイーンのメンバーは、フレディもブライアンもロジャーもジョンも、屈託なく微笑んでいるんですよ。見ているこちらが安心して元気になってくる感じに。

               

               

               


              クイーンQueenOLD SCHOOL Tシャツ

               

               

               

              今日仕事はお休みです。

              明日はELPのTシャツで出勤するつもりです。

              70年代ロックをリアルタイムで聴いていた頃、将来の自分がこんな真似をするとは想像もしませんでしたが…

               

               

               

               

               


              50過ぎにしてロックTシャツ…ケイト・ブッシュ

              0

                JUGEMテーマ:ROCK

                 

                ロックは大好きでもロックTには興味のなかった私ですが、こういう年を取ったら似合わなくなる服を着るなら今のうちかな、という気になりまして、去年の夏に買ってしまいました。ケイト・ブッシュのTシャツを。

                旦那には、

                「寝巻きに良さそうだな!」

                と、悪態つかれましたが…(笑)。

                 

                家に届いた、白地にデビュー間もない頃のケイトのモノクロ写真がプリントされたTシャツを着てみた最初の印象は、 「に、似合わない…⁉」でした(泣)。

                 

                …ああ、アイラインと口紅をくっきりと引いた、20才そこそこのケイトの顔は、丸顔すっぴんオバサンの私には似合わないんでしょうか…?

                 

                 

                 

                【ノーブランド品】ケイトブッシュ 洋楽ロックTシャツ (M)

                新品価格
                ¥1,980から
                (2018/3/20 00:58時点)

                 

                などと思いながら、よくよく鏡を見て、…悟りました。

                 

                私はこのTシャツに黒のジャケットとパンツを合わせてましたが、輪郭がぼやけてくるお年頃の私には、アイライン口紅くっきりで目力のある写真のプリントと、かっちりとした黒の取り合わせではちぐはぐな印象になってしまうようです。

                試しにグレーベージュのパンツとグレーがかった水色の襟付きカーディガンに変えてみると、すっきりおさまりました。

                 

                …年を取るというのは、こういうことのようです。 

                 

                 

                 

                 


                旧ブログの記事を当ブログに引っ越しさせます

                0

                   

                   

                  ブログ開設時のご挨拶で紹介させていただいた旧ブログの記事を、こちらのブログに引っ越しさせることにしました。

                   

                  旧ブログがあるのは元々ホームページ向けのサイトですが、どういうわけか、記事を編集しても削除しても反映されないことがあります。

                  同じようにしているのに、ある記事は反映されるけど別の記事は反映されない、といった具合で、正直わけが分かりません。

                   

                  旧ブログは勢いで書いてしまったところがあって、書き直したい箇所もあるので、記事の書き直しを、こちらでさせていただきたいと思います。

                   

                  宜しくお願い致します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  ひとさじのはちみつはダイエットの救世主となるか?

                  0

                     

                    JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

                     


                    ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵

                     

                    去年の終わり頃から、はちみつを食べるようになりました。

                    最初はコーヒーに入れたり、パンに塗ったりしていたのですが、最近は木製の匙から直接舐めています。

                    同じ甘いものでもはちみつだと、中毒性がないような気がします。

                    砂糖と小麦粉のお菓子とか、チョコレートコーティングしたお菓子とかは、中毒性というか、ドカ食いを誘発するところがあるような気がするのですが。

                     

                     

                    昔私は朝比奈マリアのファンで、あんな風にスリムになりたい、と、彼女の写真を部屋に貼ってダイエットに励み、標準よりやや細、位の体型をキープしていたこともありました(笑)。

                    その朝比奈マリアが数年前「徹子の部屋」に母親の雪村いずみと出演した時、激太りしていたと話題になったことがあります。

                     

                    彼女のブログ「マリアvs更年期うつ」の「私は否定型うつ??」という記事に、こんなことが書いてあります。

                    https://plaza.rakuten.co.jp/bluerose55/diary/201102060001/

                     

                    「なのに間食がやめられない。甘いものを食べている時の幸福感は恐ろしい!」

                     

                    朝比奈マリアの場合は、更年期に過食を伴うタイプのうつになり、動けないのに甘いものを過食するうちに体重が増加してしまったようです。

                     


                    朝比奈マリア/MARIA +2

                     

                    私が激太りしたのも、仕事がストレスフルで体をあまり動かさない、残業の多い部署に変わってからでした。

                    甘いものの多幸感にヤラレて過食に走ってしまったんですね。

                     

                    今は仕事は週4日、残業は1日1時間程度の力仕事アリの職場で、ヨガのサークルにも月に3日通っているわけですが、疲れている時など、無意識のうちに甘いもののドカ食いに走ってしまっていました。

                    旦那が甘いもの好きなので、買い置きがある時に、あるだけ食べなきゃ気が済まない‼と貪るように食べてしまう。

                    がんに砂糖は良くないとはよく言われます。これじゃ体にいいこたぁない!

                     

                    そこで疲れていて、甘いものを貪るように食べたい!と思った時、はちみつをひとさじ食べて、様子を見るようにしました。

                    大抵それで甘いものへの欲求はおさまりますが、しばらくすると物足りなくなってくる時もあります。

                    そういう時には、はちみつ入りのコーヒーを飲むようにしています。今のところ、それで落ち着いて、甘いものをあるだけ貪ることはなくなりました。

                     

                     


                    【第3類医薬品】日本薬局方 ハチミツ 500g

                     


                    【第3類医薬品】日本薬局方 ハチミツ 1000g

                     

                     

                    はちみつは、医薬品でもあるのですね。

                    知人のお医者さまも、

                    「はちみつなら栄養豊富だから、中毒はおこさないでしょうね。」

                    と言っていました。

                    マヌカハニーで健康生活


                    中年期の激太りはがんリスクを上げるか?

                    0

                       

                      JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

                       

                      先日病院で、年に一度の超音波とCTの検査を受けてきました。乳がんの再発もなく転移もなく、腫瘍マーカーの数値も低いままということで、一安心でした。

                       

                      今、一昨年の手術の後に、ストレスと運動不足で増大してしまった体重を減らすのには苦労しています。

                      去年の秋の会社の健康診断では、体重数キロと、それに見合った数値の体脂肪が減っていましたが、標準体重と呼ぶにはまだまだ…。

                       

                       

                       

                       

                      乳がん手術後に太った場合、再発する確率が上がる、という話を聞いたことがあります。

                      がんで50代60代で亡くなったミュージシャンや作家を思い浮かべれば、グレッグ・レイク、ジョン・ウェットン、クリス・スクワイア(白血病ですが)、中島梓と、中年期に激太りした面々が少なくありません。

                      特に中島梓は30代で乳がんの手術をして、中年期に借金を抱えたストレスで25キロ程激太りして、50代半ばで膵臓がんにかかり、それが肝臓に転移して、亡くなっています。

                      若い頃は酒とドラッグ漬けで、30代で健康志向に鞍替えしたローリングストーンズやエアロスミスのメンバーは、スリムなまま60代70代で現役バリバリな様子…。

                      クイーンのブライアン・メイも、数年前に前立腺がんの疑いあり、ということで精密検査を受けていました。検査結果はがんではなかったということでしたが、良性の腫瘍持ちである可能性は高いと思います。

                      スリムなことで有名なブライアンですが、彼もクイーン+ポール・ロジャースの頃に、激太りした時期がありましたっけ。

                       

                       


                      スーパー・ライヴ・イン・ジャパン [DVD]

                       

                       

                      実は私も、50代目前位に、ストレスと運動不足から激太りしたクチです。20才頃と比べれば、体重は10数キロ増加していました。

                      50過ぎて結婚して、今の繁忙期には激務になる工場勤めを始めると、少しづつ体重が減っていたのですが、一昨年にがんが見つかり、手術をして思うように動けない時期が1年程続くと、あっという間に元どおりの、20才の頃の体重+10数キロに…。

                      それが昨年の健康診断では、数キロとは言え体重も体脂肪も減っていたのは、元どおりとまでは言えませんが、力仕事も何とかこなしながら、週4日、1日8~9時間働けるようになったからでしょう。

                      そして、家に帰るとヨガやストレッチで体を伸ばし、ケアしています。ヨガを習わなかったら、これだけの仕事はこなせなかったでしょう。

                       

                      もっともこれは、私が10代の頃から数十年間、主に現場の力仕事で生計を立ててきているから出来ることで、誰にでも薦められるものではないとは思いますが…。

                       

                      正直この年になると(昭和30年代生まれ)、別に劇的にやせなくても、1年に数キロの減量でもいいかな、とか思いがちですが、もう少し頑張って、早く標準体重まで落とした方がいいでしょうね。

                       

                      さて、どうしようか…。

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
                        kashka
                      • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
                        まる子
                      • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
                        kashka
                      • フレディ・マーキュリーの遺産に関する変な記事
                        まる子
                      • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
                        Kashka
                      • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
                        torioden

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM