the

「自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング」に「FLOWER FAIRIES DIARY 2018」を使うことに

0

     

    JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本

     

    タイトルに惹かれて、「話を聞かない男、地図が読めない女」、「嘘つき男と泣き虫女」の著者アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズの「自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング」を読みました。

     


    自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

     

     

    表紙をめくり、「はじめに」の最初の文章は、

     

    「人生は、きれいに手入れの行きとどいた体で安全に墓までたどりつくための旅であってはならない。

    もうもうと立ちこめる煙のなか、船の甲板を転がって舷側に叩きつけられ、全身が傷だらけになってすっかり疲れ果て、「まったくなんてひどい乗り心地だ!」と、大声で泣きわめいてこそ人生だ。」

     

    ハンター・S・トンプソン

     

    というもの。

     

    成る程、「自動的に夢がかなっていく」とタイトルにはあるけれど、要領良く立ち回って思い通りに生きることを賛美したり、人の脳は本来総ての願望を実現出来るように出来ている、だから正しい形で願いさえすれば望みは簡単に叶うと言うような、バブルの頃によくあった自己開発系の本とは違うようだ、というのが最初の感想でした。

     

    この本の中で一番興味深かったのは、第2章「自分の望みをはっきりさせる」に書かれた、こんなことでした。

     

    「1970年代に富裕層を対象に行われた調査の結果、百万ドルクラスの資産家と億万ドルクラスの資産家の大きな違いは、億万ドルクラスの資産家は『自分の考えや目標、目的をしっかり紙に書いたリスト』を持っていたが、百万ドルクラスの資産家は、『紙に書いたリスト』を持っている人はずっと少なかった、というものだった。

    どちらのクラスにも共通していたのは、『自分の望みは何か』をはっきりと知っていたことだった。

     

    目標の設定について、アメリカで行われた別の調査では、次のように報告されている。

     

    ・目標や計画をきっちりと紙に書いているアメリカ人、3パーセント

    ・人生の目標についてしっかりした考えを持っているアメリカ人、10パーセント

    ・お金に関する目標しかないアメリカ人、60パーセント

    ・目標がなく、将来のこともほとんど考えていないアメリカ人、27パーセント

     

    この調査に参加した人たちについては次のように書かれている。

     

    ・かなりの成功を収めている人、3パーセント

    ・まあまあ順調な人生を送っている人、10パーセント

    ・いわゆる「つましい生活」を送っている人、60パーセント

    ・公的支援や施しを受けてなんとか生活している人、27パーセント

     

    この調査結果が何を意味しているかは明らかである。さあ、目標を紙に書いてリストをつくろう。リストは手で書こう。」

     

    手書きでやりたいことを書くと夢が叶う、というのは、解る気がします。

    私の場合この10年位の間に、20代の頃に日記に書き綴っていた夢がいくつも叶っています。80年代には荒唐無稽な夢であったことが、今のネット社会では実現可能になったからですが。

    自分でも驚いたのが、20代の頃に「こんな人が友達だったらどんなに良かったか!」と日記に綴ったことのある、とある著名人と、SNSで本当に友達になったことですね。その著名人が「友達になってもいい」と思えるような文章を、私が知らず知らずのうちに書けるようになっていたからでした。

    自分では全く意識していませんでしたが、ネット社会が来れば夢を実現出来るだけのことを、いつの間にやら私は成し遂げていたんですね。

     

    さて、それでは夢の実現の為に手帳を買おう、と書店に行き、私が選んだのはこんなものでした。

     

     


    FLOWER FAIRIES DIARY 2018 

     

     

    …正直、自分でも何で!?と思いました。

    自己実現の為の手帳というのも沢山ありましたし、そういう手帳を買うつもりでいましたから。妖精画は子供の頃から好きだけど、それにしたって…、と何度も思いましたが、この手帳から手を離せなくなり、結局買ってしまいました。

     

    そして、「やりたいことリスト」をどのページにも妖精画のあるこの手帳に書いているのですが…

     

    この手帳を選んで正解でした。

    子供の頃からずっと好きだった妖精画満載のこの手帳だと、本当に好きでやり遂げたいことや、やってみたいことが、簡単に思い浮かんでくるんですね。やった方が良さそうなことや、嫌でもやらなくてはならないことではなく。

     

    また子供の頃の妖精画への憧れが蘇ってきて、私の長いこと解決出来ない悩みは、子供の頃の本当の夢や望みを蔑ろにされたことが原因だったと、はっきり認識出来ました。

     

    「こうせざるを得ない」という気持ちで何十年も生きてきましたが、それでも夢や願望は私の中で生き続けていました。

    そして私が自由に動ける時間は、あと20年位でしょうか。医学の進歩で、100才以上まで元気でいられるのでしょうか。

     

     


    最初に始めたのはヨガでした

    0

       

      JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

       

      私は2年前に初期乳がんで、全摘手術とシリコンインプラントの乳房再建手術を受けています。

      退院後は3ヶ月ごとの検査とホルモン剤投与のみで、抗がん剤や放射線治療は受けていません。
      心配ではありますが、再発転移の可能性は低い方ですし、ストレスが一番良くないということなので、あまり考えないようにしています。

       

       

       

       

      そうは言っても50過ぎて年に2回手術を受け、右乳房を全摘して、検査の為に腋の下のリンパを1つ取っているので、手術前と比べて体力が激減し、利き腕もまだ思うように動かず、週4日出勤するのがやっとで、手術前と同じように働くのは当分出来そうにありません。
      一番困るのは、ピンクリボンが「治るのに」と、初期乳がんをすぐ治る病気のように宣伝した為か、職場に初期乳がんなら1~2ヶ月も休養すれば、すぐ完璧に治ってバリバリ働けると思っている人が少なからずいることだったりします。臓器を1つ取っているのに、それは無理だよ、と唖然としたことが何度あったことか。

       

      一度がんになったら、あとは死ぬまでずっとがん体質になるので、言っている方に悪気はないことは分かりますが、顔を見れば

       

      「治った?完璧?」

       

      と言われ続けるのは、正直気分の良いものではありません。

       

       

       

       

      がんに罹ると大抵の人は体に良いことを始めると思いますが、私が始めたのはヨガでした。
      私は元々体が硬い方なのですが、乳房再建手術の後にますます硬くなってしまったんですね。体は動かし難くなるわ体重は増えるわで、このままではどんどん動けなくなるのではないかと怖くなったのですが、自分で何とか出来そうにないので、団地の掲示板で目にした体が硬くてもOK、というヨガサークルに入りました。そろそろ1年3ヶ月になります。

       

      続けるうちに分かったのですが、元々の体の硬さに加えて、長年の立ち仕事のためか、膝の内側の筋が硬くなっていて前屈が殆ど出来なくなっていました。
      また、胸の手術を半年のうちに2度受けた為か、上半身の筋力がとても落ちています。上半身の体重を上半身の筋肉で支えきれない為、足腰に負担がかかっている感じでした。
      今ではヨガサークルに加えて、自宅で膝のストレッチをしたり、胸筋を伸ばしたり腹筋を鍛えたり出来るようなヨガのポーズをしたりする余裕ができ、少しですが体重と体脂肪率も減ってきています。

       

       

       

       

      最近は自宅でビデオ通話を通じてオンライン指導のヨガレッスンを受講できるサービスもあるようですね。

       

       

       


      初めまして

      0

         

         

         

        管理人kashkaです。

        このブログ以前にはこちらを運営していました。

         

        「田舎暮らしアラ還パート主婦のロックな生活」

         

        http://site.moshimo.com/keeponrocking/
         

         

         

        正直、サイト選びを失敗しました。
        どちらかと言えばホームページ向けのサイトで、記事を増やすには向いていないようです。

         

        文章を書くのは好きですが、ブログは昔ガラケーで無料サイトを少しやった程度で、今は試行錯誤の最中です。

         

        50過ぎに一回り年上の相手と結婚して、「陸の孤島」と呼ばれる所にある、良く言えば別荘地のような団地に住み、「数少ない貴重な日本人」と呼ばれるような、外国人だらけの工場でパート勤めをしています。

         

        rocking on というより rolling on みたいな日々を、ローティーン(年がわかる言い方ですね(笑)の頃から好きだったロックと少女マンガを心の支えにえしながら送ってきました。

         

        50過ぎて、社会というものが分かってくると、若い頃とは違った考え方や見方が出来るようになり、そんな中で思うことを書いて行きたいと思います。

         

        どうぞ宜しくお願い致します。

         

         



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
          Kashka
        • ブライアン・メイのピック代わりが今やアクセサリーに… オールド6ペンスコイン
          torioden

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM